春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第8章 柊
光は猫の子のように丸まって俺の腕の中に収まる。寝るときの暖房を嫌う癖に、寒いらしく俺の胸元に顔をうずめて、頭から布団を被る。

俺としても湯たんぽを抱えているようで、暖かいからいいんだけど。


「ひかる、もう休む?」

「ねむい、です‥」


最近の光は忙しい。
週3で家庭教師が来ているし、花を習いにも行かせてる。

光のことは、俺が生涯面倒を見るつもりでいる。外で働かせようとは、一切思っていない。

だけど、教養の一つとして勉学や芸事は出来て困ることはないだろう。
潔や雪も光に家庭教師をつけ、外に華道を習いに行くことは賛成した。日中の光の様子を俺より知っている分、光に何かさせては、と思っていたようだ。


当の光はと言うと、文句も言わずに両方とも熱心にやっている。 嫌がるようなら、強制するつもりはなかったけど、ほっとした。

光は14で一般教育を終えて以来、机に向かって勉強する事はなかったようだが、家庭教師は渇いたスポンジに水を吸わせるようだと褒めていた。予習、復習にも余念がなく、解らなくなると、ノート持参で潔を探しているらしい。

羨ましいな、と思う。
俺も偶には、光の勉強を見てあげたりしたい。

俺が拗ねると、潔はまるで子育てだと笑う。

まあ、そういう面もなくはないだろう。実際に歳は12、3も離れているし。光はまだ、いろんな意味で未成熟だ。その成長をそばで見守りたいと思ってる。


だけどなにぶん、自分に時間がない。
俺に出来ることと言えば、光の活けた花を一緒に鑑賞するくらいだ。


光の身体を抱き寄せて、布団を掛け直すと、もぞもぞと身じろいで、ぴたっとくっ付いてくる。

誘ってるのかと一瞬期待するけど、顔はもう半分寝てる。

やっぱり光はお子様だ。

あまり無防備でいられると、俺の方がつらいんだけど。





光を連れてきたのが、4月だった。
あの頃は泣いて拒絶するばかりで、身体を壊したり、ふさぎ込んだりを繰り返していた。

しかし、ようやく気持ちが通じてきたと思えば、台風到来で後始末に奔走し、結局半月に渡って光の顔も見えない生活を強いられた。
72
最初 前へ 69707172737475 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ