春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第7章 金木犀
「っ、も、イっちゃっ」


「‥っ、いいよ、出してごらん」



甘く、耳の中に囁かれて、上り詰めた熱が腰を焼いて、はぜだ。


「ひぁぁぁっ」


「ひかるっ」


頭の中が真っ白になる。
しっかり抱きさめられた腰が、俺の意思と関係なくビクビクっと跳ねた。

熱っぽい声で名前を呼ばれて、訳も分からず胸が締め付けられる。


「こう様‥」


「ひかる‥、気持ちよかった?」


聞かなくたって分かっている癖にっ。
恥ずかしくて、皓様の胸元に顔を埋めれば、何故か引き離されてしまう。
抱きしめてくれると思ったのに。
縋るように見上げれば、困ったように苦笑された。


「少し、待って‥」


そう言うと、着ていた夜着を肩から落とし、彼も全裸になった。


薄闇の中でも分かる真っ白な肌が露わになって、そっと俺の隣に横になった。

望み通り、痩身の胸元に抱き締められると、密着した肌が張り付くような弾力を伝えてくる。


ごくっと、微かに自分のどが鳴った。

目の前にある、彼の痩せた胸の先端にチュッとキスすると、微かに肩を振るわせるけど、嫌がられなかった。ゆっくりと優しく髪を梳いてくれる。


ぷくっとした、その感触が気持ちよくてそこに丹念に舌を絡めると、皓様が熱い吐息を吐く。


「‥は、くすぐったい」


くすぐったい‥、
気持ちよくはならないだろうか、とか思っていると、俺の背中を抱えていた皓様の手が滑って尻を撫でられる。


「やっん、」


尻の間に指が滑り込んできて、思わず恥ずかしい声が出た。


「ふふっ、可愛い」


笑われたっ‥。
かあぁと顔が赤くなる。恥ずかしいっ。


「光の声可愛い。
そのままリラックスしてて、」


「ひっう」


入り口の辺りを、指でゆっくり擽るように撫でられる。
67
最初 前へ 64656667686970 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ