春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第7章 金木犀



「行ってらっしゃいませ」


光は持ってくれていた鞄を俺に手渡す。


俺が隔週で王都へ出張するのは決まったことだし、光を引き取ってからもずっと同じ生活を続けていた。けど、今なぜかとても離れがたかった。



「…今度は五日で帰ってくるし電話もする。
光も何かあったら、電話しておいで」


「はい」


光は言葉少なげにコクンと頷いた。
そんなに口数の多い子ではないのは知っているが、喋ってくれないことが寂しかった。
昨夜から光は元気がなくて、ベッドの中でも黙ったまま俺にしがみついていた。



「…光、」


「はい」


「お土産は、何がいい?」


贈り物で機嫌がとれるほど単純な子じゃないのは知っているが、笑って欲しかった。


「…早く、帰ってきてください」


…俺の方がよっぽど単純で、光の言葉だけで胸が一杯になる。


「ああ、そうしよう。
早く仕事を終わらせて帰ってくるよ」


「…はい」

光も、少しだけ微笑んだ。












不安だった。
また皓は行ってしまう。一週間おきに彼は出掛けてしまうのだ。
その間、自分は一人だ。
雪はそれとなく光の側にいてくれるし、潔もいつも気にかけてくれている。
けど、たからと言って皓がいないことの代わりにはならない。

自分はこんなに寂しがりだっただろうか?
村にいたときからこんなに不安定だっただろうか…。
光は遠ざかっていく車を見つめながら手を握りしめた。

62
最初 前へ 59606162636465 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ