春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第1章 春
「苦しいっ!」


のし掛かるように抱き締められて、一瞬息が止まる。肩に食い込んだ指が痛い。
さっきまで穏やか微睡んでいたのに、突然興奮した皓に心臓が破れそうなくらい驚いた。




「な、なにっ…?」


「‥唇にして」


強引な動きに反して、皓の声はやけに静かだったが緊張が滲んでいた。


「や、怖いっ」



無理やり押さえつける皓の腕の中から抜け出そうともがくと、彼は疲れたようにため息を吐いて、腕の力を抜いた。



「我が儘、お子様…、怖くないって何度も言ってるだろう?

キスぐらいしてくれてもいいだろ?」


「いや…」


「泣くなったら…、
光は何で俺のところに連れてこられたか分かってる?」


呆れたような声に反して、落ち着きを取り戻した丁寧な指先が俺の乱れた髪を梳いた。

俺は金で買われた妾だ。
村の借金を皓が肩代わりするかわりに、俺は皓に差し出されたのだ。


黙っていると、皓が俺の顔にすり寄ってくる。柔らかくて滑らかな肌だった。



「頬でいいからもう一回キスして」


嫌だ、
そう思うけど、やらない限り皓も引く様子がなくて、しょうがなく、その白い頬に口づけた。


ちょんと触れるだけのキスをして離れたけど、皓はもう怒らなかった。そっと胸の深くに抱き寄せられて、耳元でお休み、と囁かれた。

6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ