春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第1章 春

「‥眠れないときもある。
だけど、別に今に始まったことじゃない。
明日の朝は早いが移動の車の中でも休める」


皓は何でもない事のように呟いて、また俺の頬にすり寄った。
くすぐったい…。



「なぜ?」


「うん?」


「なぜ、眠れないのですか?」


「‥光は、よく眠れている?」


眠れない。今まさに眠たいのに眠れないでいた。



「眠れません」


言えば、皓は少し笑った。
部屋に来たときの不気味さや苛立ったような気配は落ち着いてた。



「寝ていいよ。もう襲ったりしないから」


そう言われてもさっきの今で信じられるわけもないし、眠気は感じても慣れない体温に落ち着かなかった。



「皓様は…、なぜ?」


「…時々、気分が高ぶったまま収まらなくなる。だが、じきに落ち着く」



けれど、その前に夜が明けてしまうような気がした。


皓の手は、相変わらず一定のリズムでぼん、ぽん、と俺の頭を静かに撫でていた。
それはまるで俺を寝かしつけるようで、自分自身が眠りたがっているようだった。


「どうしたら、眠れますか?」


皓が眠ってくれないと俺も安心して眠れない。


「‥さあ、
光がキスしてくれたら眠れるかもね」


他愛ない冗談のような言葉だった。皓からは、俺が部屋に来たときのような、強引な気配はもう感じなかった。


だからだろうか。それとも単に俺が寝ぼけていたのか。すぐ傍にある皓の白い頬に、自分の唇を押し当てた。



「‥ひかる、」


皓は呆然と瞬きした後、突然抱き潰すような強い力で俺を押さえつけた。


「いっ!?」




5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ