春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第5章 百合
だんだん、光の細い腰が悩ましげに揺れ始めた。



「っひかる、気持ちいいのか…?」


「あ、ッダメ、」


「…光が感じてくれて良かった」




綾かな声を上げて、ひくっと啜り泣くように鼻を鳴らす。ああ、もう絶頂が近いんだろう…。



「皓さまぁっ、」


「ひかるっ、もうイク?」


「イっちゃうっ、もっ、」


「待って、もう少しっ、
一緒にイこう…」


「ダメっ、も」


「‥いいよ。出してごらん」


光の甘い悲鳴とイク瞬間の淫らな表現を網膜に焼き付けながら、俺も追いかけるように、熱を吐き出した。















光はそのまま、落ちるように意識を手放した。疲れていたんだろう。



さっきの淫らな表情から一転して、幼い寝顔に、頬の筋肉が緩む。

可愛い。


浴室でタオルを絞って、光の身体を拭いた。上手くは出来ないが、しないよりはいいだろう。 クローゼットに入っていた予備のパジャマを何とか着せて、ソファーに運ぶ。

汚れたベッドのリネンは引きがして、丸めて入り口に投げた。内線でリネン交換を頼んで、ついでにミネラルウォーターと、ジュースも届けてもらう。


綺麗になったベッドに光を寝かせて、自分は水を飲みながら、シャワーを浴びた。

ベッドに戻ると、目が覚めてしまったのか、光がもぞっと身を起こす。


「ごめん、起こした?」


「こうさま…?」


寝ぼけてるな‥、と思いつつ、ジュースの入ったグラスを渡してやると素直にごくごくと飲み干した。

よっぽど喉が渇いていたのか、水も飲んで漸く人心地着いたらしく、またベッドに戻る。


「ひかる…、おやすみ」


「は、い……‥」





俺も、光の隣で泥のように熟睡した。
43
最初 前へ 40414243444546 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ