春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第5章 百合
光は啜り泣くように鼻を鳴らして、不慣れな快感に身を捩る。

乱暴にならないように、パジャマのボタンを一個ずつ外して、桜色の乳首を舌で転がしたり、歯で圧迫したりを繰り返すと、すぐにぷくっと腫れてきた。 執拗にそこに舌を絡めると、光の喘ぎ声が一段と切羽詰まったものになってくる。



「っやぁ、ぁっ」



絶頂が近いのか光の声は殆ど泣き声に近い。


「光、気持ちいい?」


「は、あっ、やぁ、やめて」



「やめない…。凄く可愛い顔をしてる。
光はきっと嫌じゃない」


「皓さまぁ、」


慣れない刺激に体を震わせて涙目で抱きつかれると、幼い子に可哀想なことをしている気もした。けれど感じている光はとても淫らで可愛い。



「強引で、ごめんね…。
気持ちいいって言ってごらん」


「…気持ちいいっ」


自分で認めたからか快感を口にした瞬間、いっそう強く体を震わせて先走りが漏れた。


「ひかる、」


「あっ、もうっっ」


「今、脱がせてあげるから…。
イっていいよ」


パジャマの下を下着ごとずり下げると、濡れた中心が視界に入った。 まだ幼いそれが俺の手の中で震えていた。


湿り気を借りて裏側を強めに擦ってやると、ビクッッと痙攣するように身体を震わせ一際高い泣き声をあげる。


「ひぁぁっ、」


「っ、」



熱がはぜて、手の中が濡れた。
同時に身体は脱力してぐったりとベッドに身を投げ出しす。




「‥‥光、イったんだね」


抱き締めた身体は、トクトクトクっと速い鼓動を伝えてきて、息づかいは走った後のように浅く速い。

耳元で囁けば、それさえ刺激になったのか身を竦ませた。



「可愛い」



まだ快感の余韻から抜け出せないのか、言葉も出ない光の身体を胸に深く抱え込んで、片手で秘部を探る。光が自分でも触ったことのないだろう場所を…。
40
最初 前へ 37383940414243 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ