春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第4章 霧
皓様が強引で傲慢な主のままなら、わざわざ責める気持ちも湧かないまま諦められたのかもしれない。

それとも、俺が皓様を嫌い続ければ、自分の中にある、好意と憎悪の板挟みになることもなかったのかもしれない。





夕立に濡れて帰ってきた皓様は、いつもより更に艶やかで美しかった。

いつもそんなことを言わないのに、一緒に風呂に入ろうと、恥ずかしがる俺を強引に風呂に入れた。


イタズラのように胸を遊ばれて、嫌なのに気持ちよくて、けぶるような色香を放った皓様のする事に逆らえなかった。

結局すぐにのぼせて、風呂から上げてもらうことになったけど、少し休んだ後、ベッドの上でも同じ事をされた。後ろから裸の体を抱きしめられて、執拗にそこを触られる。


じんじんと乳首が熱くなって、痛みに似た痺れのような、痒みのような何とも言えない感覚がこみ上げてくる。腰や下腹部が、じんわりと熱く重くなる。


どうにかなってしまいそうで、嫌だと言葉を荒げた。何でこんな事するのか、離してと言えば、皓様は少し悩んで、俺が好きだからと言う。



心の底に沈んでいた怨みが、ぶぁぁと大きく浮かび上がって悲鳴を上げた。



…ならなんで、あんな事をしたのですか。何の言葉もなく、顔も見せてくれないまま、何故金で買ったりしたのですか?





あなたは自分の思い通りにならなきゃ嫌なんだ。

高価な着物はたくさん買ってもらった。だけど、一足だって俺の靴はない。

綺麗な広い部屋で立派な家具に囲まれて生活してる。 だけど、潔様以外の人を俺に近づけるのを嫌がる。

俺は、人形じゃない…。
32
最初 前へ 29303132333435 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ