春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第3章 夕立
「ひかる、気持ちいい?」


「‥‥皓様、」


すり寄ってきた光は熱い吐息混じりに、意外な言葉を耳元に囁いた。







「目が回る…、気持ち悪い」


「光!?」


湯あたりか!?、



「だ、大丈夫?
今、出してやるからっ」


よく見れば、光の顔は真っ赤だ。
湯は温めだし、まだたいした時間は経っていなかったのに、光はぐったりと浴槽の縁にもたれ掛かる。


両脇に手を入れて、湯船に浸かっていた光の身体を引き上げ、腕に抱き上げる。

「こう、、」


抱き抱えられたことに驚いたみたいに一瞬目を見開くが、やはりだるいのか、うずくまるように俺に身を預けてくる。

俺も光も全裸のままだが、どうせ俺たちしかいない部屋だ。構うまいと、びしょ濡れのまま寝室に光を運んだ。


ベッドにおろしてやれば、猫の子のように丸まって俺に背を向けた。 その姿勢のせいで局部は隠されたが、痩せた腰や、小さく引き締まった臀部が露わになった。思わず、喉が鳴る



「光…、大丈夫?」


「ん…、」
24
最初 前へ 21222324252627 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ