春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第3章 夕立
 「…お湯、ぬるくない?」

 
 頭や体を洗い終わった皓は浴槽の縁に頬杖をついて、俺を見てにまーっと笑う。


 「ぬるくないです。なんで笑うんですか」

 「なんで湯船で体育座りしてるの?疲れない?」

 「…疲れます」

 緊張してるんだ。疲れるに決まっている。


 「楽にしていればいいのに」


皓は濡れた髪が頬や首に張り付き、
出しっぱなしのシャワーで暖まったのか頬がほんのり赤くなっていた。


 「少し、痩せた?」

 「痩せてません」


以前風邪を引いたときに、痩せたけど、その後少しずつ体重は戻ってきた。
もう前と変わらないはずだ。


 「嘘だ、あばらが浮いてるよ」

 


 
 それは元からなんだけど、まじまじ体を見られると、
恥ずかしくてしょうがない。

湯船は皓がシャワーでお湯を溜めたから、少し温めだったのに、
それでも逆上せそうだ。
でも、皓が浴槽の縁に頬杖をついているせいで、出るに出られない。


 皓は空いている手でホンホンと頭を撫でて、頬や首筋を撫でる。
その手がだんだん下がってきて、平らな胸に触れた。


 止めてほしくて、その手を退かそうと腕を掴むと、胸の頂がきゅっと摘ままれた。

 
 「ひゃっ!???」

おかしな声を上げた俺を、皓は眼を細めて見つめる。
その間も、皓の指はそこを弄る。


 「…ここ、感じる?」

 「や、だ、離してください」

 「痛くないだろう?」

 「痛くないけど、やだ…」

 「いや?、何か感じる?気持ちよくない?」

 「やだ…」

 「少しだけ、我慢できるだろう?」
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ