春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第1章 春
鉛のように重い腕を持ち上げて寝室のドアをノックすれば、中から低く響く声に呼ばれた。


「入っておいで」



寝室に入れば皓は大きなベッドの上で物憂げに横になっていた。
襦袢から投げ出された手足は長くて白い。


「…一本道で迷子にでもなった?」


「いいえ‥」


低く響く声は美しいのかもしれないけど、抑揚の少ない喋り方が不気味で怖かった。


部屋の家具は重厚感のある黒で統一され、ベッドのシーツさえ地獄の底のように真っ黒だった。



「まあ、いい。おいで」



行きたくない。
傍に近寄りたくない。でも、行かなきゃいけない。 夜さえ我慢すれば、皓は昼間は仕事に出て屋敷にはいない。夜だけ、今だけの我慢…。
そう心の中で繰り返してベッドの傍に立つと、皓は呆れたように溜め息をついた。


「ベッドに入れ。
立ち話をしに呼んだ訳じゃない」


いやだ…、でも逆らえない。
この男のすることに逆らってはいけない。それだけを言われてここに連れてこられた。


「はい」


足が、震えた。
だけど、転ばないように、せめてこれ以上みっともなくないように、何でもない振りをしてベッドに上がった。


皓は無言で俺を抱き寄せて、ベッドに寝かせる。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ