春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第2章 桜
「…ごめんなさい」


「謝らなくていい。お帰り」


「はい…」


光の退院には3日かかった。
俺は仕事で迎えに行けず、またも潔が病院から連れて帰ってきた。


仕事から帰るなり光の部屋に行けば、彼はベットの上で大人しく本を広げていた。これも入院中に潔が差し入れた流行りの小説だ。


俺を見て、光は小さな頭をぺこっと下げた。光が謝ることは何もない。それどころか俺には人を責める資格もなかった。

俺が誰より光を気にしてなくてはならなかったのに。あの夜、女と過ごしている暇があるなら屋敷に電話一本かけるんだった。



「食事、少し食べられるようにならないとな」


「…はい」


光が食事をしない原因は俺にある。ベットに腰かけただけで、光の瞳は不安気に揺れたけど、あえて気づかない振りをした。


「何か食べたいものはあるか?何か欲しいものは?」


「…庭に、出ても?」


いいえ、と素っ気なく首を振られるだろうと思っていると、光は躊躇いながらも俺の顔を見つめ返した。



「庭?」


「桜の花が咲いてるって潔様が」



「ああ、満開だよ。見に行くか?」


「はい」


光が何かに興味を示したのはこれが初めてだった。しかし、春の夜は寒い。光には外套を何も用意していなかった。


俺が着ていた羽織を肩にかけてやると、また困った顔する。


「着て」


「え、」


「その薄着で外に出るとまた風邪が振り返す。見に行くんだろう?」


「…はい」


困った顔をしながらも光はモゾモゾと俺の羽織を着こんだ。

濃紺の羽織は光の白い肌に映えたが、痩せた体には随分重そうに見えた。



「おいで」



「……………歩けます」



ほとんど無意識だった。
幼児にするように両腕を差し出していた。


「…そうだな」


抱っこしてやりたくなるくらい頼りなかったのだ。痩せた手足があまりに細かったから無意識だった。


光はベッドから降りると俺の隣に並んだ。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ