春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第2章 桜
「ふっ、うん、」

アルコール臭い口づけ。
綺麗な少女だった。アーモンド型の少しつり上がり気味の瞳も、どことなく光に似ている気がする。


だけど、光とは違って積極的な女だった。
幼さを残した顔からは想像できないくらい、中身は熟れていた。

…ちょうどいい、その方が楽だ。



自分から俺に口づけて、舌先を絡める。 指先が、俺の着て来たシャツのボタンを外しネクタイを引き抜いた。


着ていたシャツが脱がされて裸になった上半身を見て、少女は満足そうに微笑んだ。


自分の着ていたドレスも脱ぎ捨てると、細く華奢な体幹に収まりきらない程の豊かな胸が揺れた。だがその胸はつん、と上を向いていた。



「疲れているの?」


女は俺の顔を見つめて楽しそうに尋ねる



「ああ‥」


早く部屋に帰って休みたいと思っていた。
だけど、光と同じ栗色の髪と瞳が俺に向かって微笑んだ。それだけのことに心を動かされて、今ここにいる。





「いいわ、なら私がしてあげる」


少女は気の強そうな瞳を甘く潤ませて、俺にのし掛かかった。


「‥歳、幾つ?」


「18」


「そう、」


栗色の髪が波打って、俺の体をシーツに沈めた。幼い外見に反して、彼女の愛撫は、手慣れていた。


気持ちなんかなくても、
愛着なんかなくても、
気持ちよかった…。


けれど、光の肌を見たときのような、キスをもらったときのような興奮はなかった。


この少女は光ではない…。


俺が自宅にどじ込めた幼い宝物は、今日も泣いたままだろうか?





11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ