春夏秋冬
春夏秋冬
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/02/27
最終更新日:2013/07/21 00:33

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 第2章 桜


ー皓versionー



俺は何をしているんだろう…。
昨日の夜を思い出して溜め息がでた。

また光を泣かせてしまった。優しくしたいはずなのに、子供の扱いがわからない。

俺より、よほど潔の方が光とうまくやっていた。







「月白さま。
どうされました?つまらない顔をされて。さぁさぁ、飲んでください」


同僚達と接待に連れ出されていた。
出来ることなら、無意味な騒ぎに加わるよりは部屋で一人休みたかった。体が疲れてる。


酒は嫌いじゃないが強くない。こんな気分の乗らない日に深酒すれば、翌日みっともないことになるのは確実だ。


だが、露出の高いドレスを纏った女が妖艶に微笑んで、美しい気泡を上げるシャンパングラスを俺に差し出した。


グラスを渡す際に、意味ありげに俺の手を撫でる。


豊かな栗色の髪と同じ色の瞳。光と似た色彩をした少女だった。










10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ