☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第13章 夜の時間はそれぞれに過ごそうってなモノ。BoobleでBig Boobを検索して観覧すると日本人で良かったと思う心
 「お、俺は……日本人の爆乳の方が好きだ……」

 そう言いながらクライマックスに向かっていく。

 目の前の海外爆乳に悩殺されながら、自分の魂は日本人でありたいと願う。そんなオナニーには魂を渡すまいと踏ん張る男の姿が浮かび上がる。

 日本人の魂を渡すものか。そう思いながら淳はアクセルを踏んだ。

 「んぎぅ……ぅくぅ!!」

 日本人の魂が海外爆乳によって大輪の花を一瞬だけ咲かせたらしい。

 その花が萎んでいく時、熱さが残る分身を手で愛撫しながらつぶやかずにいられない。日本人が好きだ、俺は日本の爆乳の方が好きだと。

 そして完全に花びらが閉じて消えてしまったら……

 「まぁ、別にどうでもいいか」と、自分のやっていた仕事に後腐れ無し。こうやって夜の国際交流は終わった。パソコンの電源を落とし、部屋の電気を消してベッドに横になり、また明日に備えようと軽く股間を触っている
66
最初 前へ 60616263646566 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ