☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第13章 夜の時間はそれぞれに過ごそうってなモノ。BoobleでBig Boobを検索して観覧すると日本人で良かったと思う心
 「……」男の体調はごく稀にいきなりのエンジンを踏む時がある。沈んでいたと思えば、急にジッとしていられなくなるような。

 画面を見ながら、ズボンのベルトを外していく淳。

 気に入った、この動画が気に入ったとダウンロードをしておく。そしてダウンロードをすると、あらかじめループ再生を設定した。海外爆乳でも気持ちがフィットする時は、こんな事をしたい。素直になるが勝ちであり価値。

 やりにくい。椅子に座りながらズボンを脱いでトランクスを下げて仕事の体勢に。これは仕事。男が持つ仕事の一つ。生きている限り続く仕事の一つ。

 ループする画面を見ながら、今はどうしてか抜群に高ぶる。日本人の方がいい、日本人の爆乳の方が好きだ、愛している。そう思いながらも一度やりかけた仕事は放棄できないのだった。仕事は完遂しなければいけない、中途半端が一番よろしくない。

 「ぅ……く」

 たまにはいいかもしれぬ。海外爆乳も悪くないのかも。仕事に興じる淳は、日本人の方がいいと思いながらも目の前も悪くないと思って増していく。
65
最初 前へ 60616263646566 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ