☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第13章 夜の時間はそれぞれに過ごそうってなモノ。BoobleでBig Boobを検索して観覧すると日本人で良かったと思う心
 ジュースを飲みながらタバコを吸い、それが終わったら編集の続きでもやろうかと思いながら部屋に戻ろうと歩き出す。そこである部屋のドアが開いて、ぷぅ子が顔を出す。

 「やっほ~♪ 今、ちょっと暇なんだ。うちの部屋に来ない?」と手招きで誘う。淳さんだったらいいよとか、2人で朝まで一緒に過ごそうとか、何なら寝て行ってもいいよとか色々。

 構わないのなら私が淳さんの部屋に行きたいとぷぅ子は言う。暇、しかも沖縄のTVはチャンネルが少ない。パソコンをやる気分でもない。話し相手が欲しいから付き合って欲しいようだ。
 
「ごめん、俺、今すごく一人でオナニーしたいんだ」淳は歩き出し、何それ? と怒っているぷぅ子を背中にして手を振る。夜はそれぞれ好きなように過ごせばいいじゃないかとつぶやいて。背中でぷぅ子が怒っているらしいが聞こえないフリをして。
61
最初 前へ 58596061626364 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ