☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第10章 夜の国際通り・コンビニに入ったぷぅ子の爆乳に嫉妬した貧乳が一人・激男に連絡だ!
 友美にはセックスフレンドの男が何人かいた。その中で一番性欲の強い男は誰かと思い浮かべる。するとすぐ顔が浮かんできた。

 「やっぱり激男だろうね、名前がハゲてるし性欲満載だし」

 激男は女好きだ。教えてやろう。ああいう女がいると。きっと関心を持つはず。そして食いたいと疼くはず。

 チラッとぷぅ子を見ながら店の入り口に向かっていく。あれはちょっと許せないなとかつぶやいて。

 犯してやる。自分は女だから犯せない。だから男を刺激して、男のペニスに犯させればいい。あの女、何となく可愛いが素人ではないような気もすると友美。もしそれが当っているのなら、あの女は別にセックスを強要されても可哀想ではあるまい。
50
最初 前へ 47484950515253 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ