☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第1章 いざ、 沖縄に行こうぜ・って社長も来るのかい!・沖縄という世界
 「どういう風に描くつもりなんだ?」社長は前々から、一度は後ろに座っている天才の仕事を見てみたいと思いつつ出来なかった。なので知りたいと興味がある。どう思い描くのかを。

 しかし淳は、今は断言出来ないと即答した。確かに思い描く事は事前に始まっている。それが基本となる。だが、その時になって生じるフィーリングだけは、最初から断言など不可能なんですと社長に言う。

 「その時の閃きやフィーリングなんて、どうやって説明するんです? まして天才にもなれば、その時の発想が大事なのだから」

 それを聞いた社長は分かったと返す。そして、そういう言い方も悪くないと笑った。そういう言い方をするお前が嫌いではないと。だからこそ、チャンスがあればお前と一緒に寝てみたくなるんだとも悦な笑み。社長は常々、淳と一緒に寝てみたい気を有していた
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ