☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第9章 夜の国際通り・ビデオは常に回しっぱなし・飾り絵の女・ぷぅ子は一人にさせると危険
 ブラタイプビキニの撮影が終わると、もう夕方を越えるような時間になっていた。

 「疲れた……風俗より疲れるかもしれない……」ビキニを外し、その大きな乳房をブラジャーに纏い直すぷぅ子が疲れた声を。映像の素材になると、とにかく縛られるが長い。非常に体力を使う。

 その頃、淳は山本を呼んで伝える。お前、飾り絵になれと。それは単調を防ぐための手法の一つ。スタッフの女は人柱の一つ。

 「私が出るんですか?」

 「いいじゃねぇか。お前の顔にはどうせボカシを入れるんだから」出ろと指示する。映像作品で一番怖いのは単調。でも山本の貧乳がぷぅ子の爆乳を飾ってくれる。

 画面に映るのがぷぅ子一人では限界があると淳は思わずにいられない。AVなら良いのだが、セクシー路線の内容では色合いが変わってしまう。

 山本をぷぅ子の友人のような感じで隣に置かせ話をさせて歩かせる。ただし顔にはボカシを入れて映さない。視聴者は別にこの女を意識はしないだろうし、説明を要されればスタッフだと明かす。
46
最初 前へ 43444546474849 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ