☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第7章 いざ、 沖縄に到着・国際通りは花盛り・平和通りは日常盛り・絵心を刺激する空の模様
 撮りたい。色々な絵が必要ではあるが、今のこの状態および天気から一つの絵を撮りたくてたまらない。明日などと抜かす事は不可能。淳はこういう風に興奮すると抑えが利かぬ。やりたくてたまらないと疼く時が、その時こそフィーリングが冴える。

 ぷぅ子と一緒にホテルに歩く時、もう頭の中は次の絵が撮りたくてたまらない状態。子供っぽさと純真の両立がこの男の心。

 ホテルの前にたどり着くと、他の連中はまだ用意が出来ていない。イライラしつつビデオを止め、ぷぅ子に水着を用意してくれと言い渡した。早く仕事がしたいと高揚しているので少し声が大きい。

 「どっち? 三角かブラタイプか。それとも両方?」問うてみれば、今のこの空はブラタイプだと淳は返した。三角には天真瀾漫な太陽の光が必要。そしてぷぅ子は他のアイドルとは事情が違う。

 ぷぅ子のような爆乳は、三角ビキニは強烈であり視聴者が仰け反る可能性もなくはあらず。かといって省けないのも現実だ。

 そこでブラタイプの絵を混ぜる事で、彼女のビキニ姿にはちゃんと魅力があるんだと視聴者に伝えてやる。淳はそう考えていた。ぷぅ子という女の子にもちゃんと魅力があるんだと、押し付けがましくなるのは危ないが伝える事だけは絶対に必要で。
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ