☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第7章 いざ、 沖縄に到着・国際通りは花盛り・平和通りは日常盛り・絵心を刺激する空の模様
 2人は明らかに周囲から見て変だった。まだ名前の無いぷぅ子。あるのは驚くほど豊かな胸のふくらみ。それだけはもう、周囲の人間は惜しみなく目線で応える。

 そんな女にまとわり付くようにしてカメラを向ける淳がいる。ひたすら動いて微妙な角度に浮かび上がる絵を摂取する。時々は女の豊かな胸を意識して撮影もするから、周囲の人間は理解が出来ない。

 「へぇ~、国際通りってにぎやかだなぁ。お店屋さんばっかりだ」ぷぅ子は見渡しながらつぶやく。カメラに撮られながら歩く。

 とても新鮮な気分だった。カメラに見つめられながら、いたって普通のように歩くとはこういう感じなのかと。次第になれてくるので雰囲気が周囲の絵と天気に溶け込んでいく。それこそ淳の欲しい絵だ。沖縄に来てこの天気。最大限に活用せねばならぬ。

 「あ、ちょっと待てぷぅ子。こっちだ、平和通りに入ってくれ」指差したのは平和通り。

 地味な平和通りだからこそ歩いて欲しいと淳。ぷぅ子はすっかり気分が慣れたらしく、いい具合に歩いてくれる。ここでの絵を全部使うわけではない。ここから良さ気な部分を抜き取っていく。だから大部分は捨て駒。そうやってベストは捻出されるモノだ。
37
最初 前へ 34353637383940 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ