☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第7章 いざ、 沖縄に到着・国際通りは花盛り・平和通りは日常盛り・絵心を刺激する空の模様
 デパートを出て国際通りを正面に。カバンを肩にかけビデオを持った淳は、悪いが色んな角度から撮ると伝えておく。当然ではあるがあらゆる角度から舐めるように撮る。そして顔を重視のように撮る時もあれば、その大きいおっぱいを重視する事もふんだんに。

 だが大切なのは全体のフォルムと雰囲気。それが爆乳の魅力を上げる。無理に可愛い顔はしなくていい、自然体だとカメラマン。

 国際通りの入り口に向かって歩き出す時、ぷぅ子は困った。というのも慣れていないからだ。何も考えずに歩くとしても、淳がカメラを持って見つめる事は意識してしまう。

 「喋れ。俺と会話するように。何でもいいいから周囲を気にせず俺と話をしろ。しばらくすれば慣れる」淳が言うには、ビデオとは後で編集なる作業がある。それで何とでも出来るらしい。

 いいのかなぁ、ブツブツ一人で言ったりして。カバンのショルダーストラップを肩にぷぅ子は緊張した。

 それを淳はお前らしくないとつぶやく。お前は周りの目線を気にせず楽しんでる姿が似合うよと。それを俺に見せてくれ、そうすればその姿を最良の絵にする事を誓うとも。そんな風に言われ安心したのか、ぷぅ子は真っ直ぐとある始める。
36
最初 前へ 33343536373839 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ