☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第7章 いざ、 沖縄に到着・国際通りは花盛り・平和通りは日常盛り・絵心を刺激する空の模様
 着替えさせる。もちろん堂々と外で着替えさせると逮捕なので、国際通りの近くにあるデパートのトイレで着替えさせた。

 「それとTシャツがピチピチになるのもダメだからな」

 トイレに行くぷぅ子に言い渡す。あれほどの大爆乳がピチピチなTシャツで胸のふくらみを揺らすのは逆効果だ。よくやる失敗。

 バスト120cm、Lカップ。そして今の彼女は以前より少し可愛い女の子になっている。誰が見ても一目で爆乳と分かるのだから、胸のふくらみというフォルムへ目線が奪われる度合いを下げてやる。それが彼女の全体フォルムを良さ気にさせていくのだ。

 胸がデカい! と思った目線の持ち主は必ず女の顔と全体像も見る。その時の印象を整えておけば、最初のインパクトが活きるのだ。

 「これでいいの?」

 「OK、可愛いくなったなぷうこ。いい女だ、俺が保証する」

 「淳さんて……熱が入ると急に雰囲気を変えるなぁ」

 「これが本当の俺なんだ、俺の本当の魂なんだ」
35
最初 前へ 32333435363738 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ