☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第7章 いざ、 沖縄に到着・国際通りは花盛り・平和通りは日常盛り・絵心を刺激する空の模様
 のんびり歩かせる。爆乳の女がのんびり普段着で歩く時、まぶしい晴天よりも今の空の方がグッと来る。これはぷぅ子に限らない。風があって太陽は控えめで雨の気配は無し。非常に爆乳が映える。

 「それってどういう根拠?」ぷぅ子は隣に座っている淳に聞く。太陽のまぶしい方が喜ぶのかと思っていたとも。

 「空がこういう感じの日は、人は穏やかになれるんだ。何も起こらなきゃ平和そのものな日常だろうよ。だからこそ想像力は動きやすい。よって男が爆乳な女を見て刺激される度合いも高ぶるんだよ。映えるぞ、この空はぷぅ子を映えさせるぞ。俺に任せろ」


 タクシーを降りて県庁前に。淳と一緒に目にすれば国際通りがある。ここからホテルまで20分ほど。ぷぅ子の姿を撮る。

 まずその前に、淳はぷぅ子と向き合って考えた。周囲の人間がぷぅ子の胸の大きさに驚いて目線を向けて通り過ぎていく中、淳は下のスカートは構わないのだが上が良くない。着替えてくれと指示。

 「何でこれがダメなの?」

 「撮影する今はそのロングスカートとTシャツの融合が悪い」

 空を見上げ色合いが大事だと淳は言う。せっかく空が味方している、そのチャンスを無駄にするなとも。彼に言わせれば、上のTシャツが少しにぎやかなのがダメらしい。少し地味なTシャツ、出来れば無地がいいと。色は白か黒か緑かその辺りが理想。
34
最初 前へ 31323334353637 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ