☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第7章 いざ、 沖縄に到着・国際通りは花盛り・平和通りは日常盛り・絵心を刺激する空の模様
 沖縄に到着した面々は荷物を取り終えて集合する。宿泊に使うホテルは牧志にある。余計な存在である社長も交え全員がタクシーへ。

 淳はタクシーに乗る前、今の天気を見上げながら思った。非常に絵心を刺激される天気じゃないかと。熱の度合いがあまり高くない。少し風がある。非常に想像力が刺激されやすい天候だ。

 そこでぷぅ子と2人でタクシーに乗り、県庁前辺りで止めてくれと指示した。県庁前で降りると、そこから国際通りを歩き抜けて牧志に到着する。歩いて20分はかかるだろうか。

 「ぷぅ子、俺と一緒に散歩しよう。今のこの天気は素晴らしい」そんな事を言いながらカバンからビデオカメラを取り出す。他の面々には先にホテルに行っておけと携帯で連絡をする。声が高ぶっていた。

 窓を開けて外を見る。いい天気だ、それは何も太陽のまぶしい晴天というのではない。太陽は控えめな状態だ。薄暗いとは言わないし、雨も降らないだろう。それが天才のフィーリングを刺激した。

 
33
最初 前へ 30313233343536 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ