☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第5章 沖縄の婦女暴行経歴・黄色と黒の悪友は性欲の固まり・ケニー・ドナルドと比嘉激男の悪事3
 お互い顔を隠す。そして激男はアメリカ人ぶってカタカナで声を出す。犯される女が2人ともアメリカ人だと思えば、それはもう持ちつ持たれつ。女が妊娠でもしない限り、激男は安泰だ。

 「OH!アナタ、スゴクワルイヒトネ」と言っておきながら、目の前に協力費として2万円を出されるとケニーは快諾した。そう、理想的な交渉とは口より先に金。人間など金と比べればちっぽけ。

 というわけで2人は突然に出会って同士と化した。まるでずいぶん前から友達だったのかと思うような雰囲気が生まれ、まるで一緒に戦場に出向く仲間という感じも。単細胞な2人が合致した。

 「ハゲオ、コンドアメリカニクルトイイヨ。ダイカンゲイスルネ」2人はもう友達。簡単に育まれた友情でも、同じ目標を有すればこんなに心が通う。国際交流において大事なのは性欲であろう。

 かくして2人は友情という名の元に仕事をする決意を固めた。夜になればなるほど沖縄は天国。何と良い場所であろう。ケニーがそう思うだけでなく、同じ日本人である激男までそう思う。

 裏切った。激男は日本を裏切ったのだ。性欲のためにわが国を裏切る。そこに罪悪感なし。恥も外聞もない国賊と化した激男は、新しく出来た友人であるケニーと思いを束ねる
25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ