☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第5章 沖縄の婦女暴行経歴・黄色と黒の悪友は性欲の固まり・ケニー・ドナルドと比嘉激男の悪事3
 牧志の一角にあるやや汚れた喫茶店に2人は入った。人が少ないのでよろしいという理由で選んだ店。

 そうやって話が進んでいく内、同類なので女の話へシフトしていく。さぁ、こうなると性欲に盛る2人の男は盛り上がる。互いにどういう女が好みか、どういう女を抱きたいと思うか。それが男たちにとっての酒の肴。

 「ワタシ、ニホンジンラシイキレイナオンナトヤリタイ」

 「今どきそんな上品な女は少ないよ。でも気持ちは分かるな」

 で、相談へと持ち込む。実は俺も上品な女を食いたいと思っているので、2人で一緒にやらないか? と話は犯罪性を高め出す。そういう色は2人が大好きなカラー。犯罪カラーという色彩。

 協力してくれよ、2人で一緒に食事するんだ。激男は、そういう風に誘う理由も相手に教えてやった。

 沖縄では、とにかく占領軍のアメリカ人は神だ。殺人さえ不問にされるのだから、レイプくらい朝飯前。つまり日本の女はアメリカ兵士という事が分かっても泣き寝入りなのだ。そこを俺にも利用させてくれと激男は頭を下げた。
24
最初 前へ 21222324252627 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ