☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第1章 いざ、 沖縄に行こうぜ・って社長も来るのかい!・沖縄という世界
 プップ~! とクラクション。目を向ければ黒いベンツが止まっていた。黒いベンツ、淳はそれをチンピラの愛車と表現していた。同じベンツでも白は大物で黒はチンピラという具合に。その黒いベンツのドアがゆっくりと下がっていくと驚いた。

 「おぉ、淳。ここを通ると思って待っていた。乗れ、空港まで一緒に行こう」社長の顔と声。チンピラかと思えば社長だった。

 はい? キョトンとして目を。なぜ社長がそんなに親切なのか。例え天才でも社長を足にするような身分には達していないのに。

 「俺も行くんだ、沖縄にな」社長はそう言って指を動かし誘う。

 ゲッ! 本当かよ……と淳が心の中で思うは必然。何のために来るのか、社長を必要とする仕事は存在しないというのに。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ