☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/23
最終更新日:2012/02/22 20:47

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)3 第3章 沖縄の婦女暴行経歴・黄色と黒の悪友は性欲の固まり・ケニー・ドナルドと比嘉激男の悪事1
 「お前も軍隊に入れ」父親に言われ逆らえない。それはそうだ、なんせ12歳でレイプした。父は息子を規正する考えでの事。

 そこで高校という世界を卒業すると軍隊に。それはもう見事なまでに窮屈で男だけの色。地獄のように思ったのは当たり前で、何より苦しいのが性欲の処理だ。パソコンでエロ動画見るだけで満足できるわけがない。12歳でレイプの快感を知った以上は不可能。

 その場所でケニーは、同期の友人を犯した。いわゆるホモ達である。これは軍隊では鉄板ともいえる性欲処理の要。必ず起こりうる。

 犯した相手は自分より気が弱い。おかげで何度もペニスを相手の体の中に強引に差し込む。自分は入れるだけ、決して挿入される側には回らない。なぜなら、獰猛な男は挿入してナンボが故。でも純粋なホモに走れるかといえばそうでもなかった。

 女だ。何と言っても女が欲しい。男のケツマンで満たされるほど人生は単純ではなかった。12歳のレイプ以降、女の体とはあまり縁がなかったから、余計に女が欲しい。女の体で射精がしたい。

 そんなドナルドの願いが叶ったのか、彼は日本に配属される事になった。黄色い人種の世界。沖縄という一角。そこに米軍兵士として配置が決まった。これがどれほどの事か察せられるだろうか?
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ