☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/16
最終更新日:2012/02/15 19:06

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2 第3章 天才も当然思い悩む・自分の魂を信じろ・悩み抜いた後、やはり相手を見るべきだと悟る
 その日、帰宅する前にレンタルDVDで山のようなセクシーアイドル作品を借りた。見たくて見るのではない、オナニーしたくて見るのではない。魂を落ち着かせるために見るが事実。
 セクシーアイドルを受け持った事がない。AVの中でそれっぽく描くのが天才でも、生粋のセクシーアイドルという描写には無縁。

 淳が何を知りたいと思ったか。それはまず、どういう風に世界の色を染めているかだった。他人のやり方を模倣する気など無い。巨乳や爆乳を描くことに天才と言われて自負する自分が他人を模倣など、そんな卑怯な事をするものかとプライドがある。
 
 ただし、参考になるものはもらう。天才の条件の一つ。それは、参考からもらったモノを自分の魂に組み込めるか否かだ。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ