☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/16
最終更新日:2012/02/15 19:06

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2 第13章 ぷぅ子の大改造4・微妙な一線でもう少し映えさる・女同士に任せてはみるのだが……
 AVとセクシーアイドルの違いだった。山本はAVギャルには、ある意味では畏怖の念を持っている。だから相手が新人でも、自分が下からサポートする雰囲気は自然と。

 ところがセクシーアイドルになると畏怖の念がない。タガが外れていると自分では思わずだが、自然と軽く見下したような雰囲気が出てしまうのであった。それをぷぅ子は受け取っていて。

 「これいいね、あんたにはこういうのが適度に似合うじゃない」山本が服を指定する。

 「私はこういうのが好きなんだけど……ダメかな?」と、ぷぅ子が言ってみれば、素直に言う事を聞きなさいと返される。腹が立つ。淳に魂を預けるのはいいとして、なぜに山本にまで魂を牛耳られたような感じになるのかと。同じ女同士でそうなると危険な香りが。

 「何その顔……あんたのために服を選んでるんだよ」

 山本の言い方は良くなかった。ぷぅ子にしてみれば、監督というのは仕方がないと割り切れる。しかし周りにいるスタッフというのは下っ端ではないか。下っ端が偉そうにと言いたくなる。何様のつもりだとも言いたくなる。
52
最初 前へ 49505152535455 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ