☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/16
最終更新日:2012/02/15 19:06

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2 第13章 ぷぅ子の大改造4・微妙な一線でもう少し映えさる・女同士に任せてはみるのだが……
 「私と2人で行こう。もうちょっと見栄えが良くならないとね」山本はそう言ってニッコリ笑って見せた。

 (むぅ……)ぷぅ子はムッとする。不思議なモノで、同じ言い方でも相手に言われると印象が変わる。特に、自分をコントロールするのが同性の女だというと難しい。山本が何かしらぷぅ子の先生ならいいのだが、単なるスタッフだから偉そうだとぷぅ子は思った。

 終わったら電話して。淳は山本にそう伝え、買い物が終わるまで適度な放浪をするために店を出て行った。

残るは女2人。「行くよ、ほら」と、山本は普通のつもりだが、ぷぅ子には偉そうな口調と雰囲気に伝わっていく。

 2人で服を買いに歩いている最中、山本は何の話をしようかと思いながら思いつかない。

 そこでセクシーアイドルがどうの、AVがどうのという話を。相手に教えてやるような気持ちで。悪気はない、だが雰囲気的には隣の相手には非常に腹立たしいモノとなる。どうしてお前に偉そうに言われないといけないのかと、ぷぅ子は腹が立ってしまうのだ。

 
51
最初 前へ 48495051525354 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ