☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/16
最終更新日:2012/02/15 19:06

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2 第13章 ぷぅ子の大改造4・微妙な一線でもう少し映えさる・女同士に任せてはみるのだが……
 呼ばれていた山本が到着し、3人で喫茶に。最後にぷぅ子がまとう普段着の水準が低すぎると淳は言い、山本にコーディネートをさせようと考えた。

 とはいえ。こういう感じがいいのであって、こういう感じにはさせないようになどと、細かい指示が山本の頭を悩ませる。

 「つまり……あそこにいる女性みたいな感じだ。あの感じがいい」小声で山本につぶやいて対象を指差す。そこにいる一般のかなりグラマーな女性の、あの浮かんでくる色合いをぷぅ子に持たせろと言う。それは雰囲気的なモノ。せめてあの感じだと淳は山本に。普段着の爆乳の魅力が、今のぷぅ子はあまりにも泥臭い。それでは萌えるという一線に届かないらしい。泥臭いを素朴に変えるんだと淳。

 (なるほど……)山本はイメージを頭に入れておく。いかんせん指令されるイメージを掴んでおかないと、後で淳が確認をした時に激怒する。一緒に仕事やったり会話などをした事で、その頭と感性はある程度は分かってきた。それを理解しなければいけない責務。

 顔を前に向けて、淳の隣にいるぷぅ子に目を。確かに顔の感じが少しだけ変わった。胸の見苦しさもやや規整されて美しさが。

 後は服装だと思うのは淳と意見が合致する。何分人の前で目立つ仕事をやるのだから、普段のオーラが重要。それが結局、肝心の表舞台にも出てくる。

 2人で行ってくれと淳。その買い物が終わるまでは、他の場所で時間を潰すらしい。どうあっても男は女の服の買い物には付き合うのが特に慣れないのだから。

 
50
最初 前へ 47484950515253 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ