☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/16
最終更新日:2012/02/15 19:06

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2 第9章 爆乳女のチェック・淳がぷぅ子に言う「服を脱いで見せて」・ぷぅ子の欠点洗い抜き
 ぷぅ子。別に構わないと応えて両腕をクロスさせた。ただ、自分を抱く気はないと言っていた淳が見せろと言い出したのには驚いた。クッとTシャツを脱ぐと、実に気持ちよくためらいなく脱いだ。そして弾けんばかりのブラジャー姿をさらけ出す。

 あぁ、なるほどなぁ……と、淳はタバコを吸いながら頭をかかえた。何となく服の上から見て思ってはいたが、そういう事かとつぶやいたり。

「淳さん、どういう事か教えてください」気になった女がたまらず問えば、淳はそれを無視してさらに要求した。ブラジャーを外してと。おっぱいを丸ごと出して見せてと。

 「別にいいけど……本当におっぱい出すんですか?」

 「出して。まさか野心家なのに恥ずかしいとか言わないよな?」

 そう言われたらムッとした顔で背中に手を回した。小声で言っている、誰が恥ずかしいと思うものかみたいな事を。背中のホックを外し、これまた気持ちよくためらい抜きにブラジャーを外した。

 「……」淳は一瞬顔を赤くした後、右手を額に当てて頭を抱えるなるほど、やっぱりそうかなどと、思わせぶりな事をつぶやき、女を気にさせながら無視する。

 「淳さん! 気になるから小声で言わないで」と、ぷぅ子が言っても、それは後で教えるとか言う。ブラジャーを着けて服を纏い直すようにと促す。

 
36
最初 前へ 33343536373839 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ