☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/16
最終更新日:2012/02/15 19:06

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2 第6章 沖縄に行こうぜ・沖縄は女の濃さを発揮するには極楽浄土の世界・南国の魔法
 「淳さん、俺も入れてください」松山が参加したいと主張した。何でも手が空いているらしい。

 「お前が参加してどうするんだ?」冷たく言う淳に、先輩の仕事に参加して雰囲気を感じ取りたいと後輩。簡単に言ってしまえば、そこに生まれる空気を感じ取り吸収し、自分もボインな女を魅力的に描けるようになりたいという野心。

 松山の参加を認めた淳は、カメラマンを2人用意しておいてくれと伝える。自分もカメラマンをやるのでアングルは常時3つ。これで、あらゆる角度に垣間見える小さな魅力をこぼさないようにする。

 で、問題はどこで撮影するかだとつぶやいた。予算が太っ腹だ。これは是非とも有意義に使い切りたい。魔法というのは背景も大事である。淳は背景を軽んじた事は一度もなく。

 「ハワイとかどうです? ぷぅ子でも普通に見えるでしょう?」

 松山のその提案はすぐ却下される。

 ハワイはダメだと淳は顔を横に振って否定した。ハワイに行けばぷぅ子が普通になって冴えない事。ハワイにはBBWが多すぎる。そこにぷぅ子が溶け込んでは魅力は大幅に下がっていく。絵の融合感が悪いと天才は思うらしい。 
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ