☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:☆ボインちゃんはAVギャル

公開開始日:2012/02/16
最終更新日:2012/02/15 19:06

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)2 第3章 天才も当然思い悩む・自分の魂を信じろ・悩み抜いた後、やはり相手を見るべきだと悟る
 松山に電話をした。相手が出てくるのが遅かった理由は、何でもパソコンのエロ動画を見ながらオナニーしていた最中だったとか。

 「オナニーより先に、俺にぷぅ子の電話番号を教えろ」松山から電話番号を教えてもらうと、頑張れよと述べてから電話を切った。ぷぅ子の番号を教えてもらったのは、やはり今まで通りの段取りが自分には絶対必要だと思った事にある。

 セクシーアイドルという枠であろうと、やはり登場する女と合うべきだ。今までずっとそうしてきた。普段の中で女と対面し、日常的な姿でボイン具合とキャラクターのオーラを見て、そこに潜むモノを感じ取り把握するのだ。淳はその段取りを省いた事がない。

  ぷぅ子に会おう。対面してどんな女かを魂に入れれば良い。そうすれば、仕事に自信が持てる。今までと同じように、天才であり続けられる。
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ