underground SEVEN.
underground SEVEN.
成人向
発行者:藤谷裕也
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/02/11
最終更新日:2012/02/13 21:19

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
underground SEVEN. 第1章 Miwa / age 34
 部屋に入った瞬間、俺は彼女をベッドに突き飛ばした。彼女が小さく「きゃっ」と悲鳴を上げた。
 俺は自分のバッグから手錠を取り出し、問答無用で彼女の手を拘束する。彼女は不安げに俺を見上げているが、俺はそれを一切無視した。

「おら、お尻を突き出せよ」
「えっ」
「早くしろ」
 彼女に軽いM願望があるのは分かっていることだ。なら強気に命令した方がいいに決まっている。彼女は恥ずかしそうにヒップを突き出した。
 突き出した瞬間、俺は彼女の股間に顔を埋めた。まさかいきなりそんなことをされるとは思っていなかったらしく、彼女の身体が激しく震えた。大きく息を吸い、そして熱い息を彼女の股間に吐きつける。

「ああっ、ああぁあぁっ」
 ジーンズの上から熱い息を吐きつけただけでも、彼女は羞恥心から感じてしまう。可愛いもんだ。たったこれだけの愛撫でこんなに感じてしまうのだから。俺は彼女の耳元で囁きながら、彼女の股間に指を這わせた。

「エロい匂いがする。ミワ、あんた欲求不満だったんだろ」
「ちっ、違います……っ」
「だけど身体は正直だよな」
 俺は彼女の耳元で囁きながら、彼女の股間に指を這わせた。指先が動く度に彼女の身体は正直に反応してしまう。

「そら、ジーンズを脱いで脚をM字に開け」
 手錠を外し続けて命令すると、彼女は俺を不安げに見上げながらジーンズを脱いだ。清楚な雰囲気からは想像も付かない漆黒のTバックが露わになる。
 だが、彼女はなかなか脚を開くことができない。やはりまだ羞恥心の方が強いらしい。俺は閉じられた彼女の脚に手を伸ばし、強引にぱっくりと開いた。
 瞬間、彼女が「あああっ」と悲鳴を上げたが、それが羞恥からなのか快楽からなのかは、じっとりと濡れてしまっている黒のTバックが証明していた。

「なんだ、もうこんなに濡らしていたのかよ。エロい女だな」
「ちっ、違います、こ、これは……あっ、いっ……」
 言い訳をする暇など与えない。俺は彼女の花弁をパンティの上から舐め始めた。舌先に彼女の愛液が絡む。性格がおとなしいからなのか、愛液の味も薄い。思っていた以上に肉芽が大きいらしく、パンティの上からでもその箇所がはっきりと分かった。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ