☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/02/11
最終更新日:2012/02/11 00:19

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1 第2章 ぷぅ子参上・バスト120・Lカップ・泣く子も黙るド迫力
 (ば、化け物!)清が凍りつく。日本人の女にこんなフォルムが存在したとは。純情な中年がショックを受けて凍りつく。何たる見栄えの悪さだ、アダルトアニメそのものではないか。

 絵がヘタクソなアダルトアニメ。そこで描かれたキャラクターが実写化したような女。確かに胸はデカい。もはやワールドクラスだ。しかし全体のフォルムが悪く見た目も不細工なので、その豊かな胸という部分を見ても何も興奮しなかった。

 ショックだ。いくら服を着ていても、思い焦がれた大きなおっぱいを見て何も興奮しないとは。ペニスも凍ってしまっている。山田清の器の小ささと同じだろう。

 「えぇ何、おじさんこういう世界は初めてなの?」ぷぅ子はニヤニヤしながら近寄る。今どき純情なおじさんなのかなと笑って。

 だったら新しい世界を開こうよとイヤらしく笑って擦り寄る。そこには、巨乳や爆乳という言葉に感情移入するような余地がどこにもない。それどころかインポになりそうだ。山田清は今、生まれて初めて女を見てインポになろうとしている。そういう意気地の無い自分を女のせいにするのもまた、性欲旺盛な男が持つ自爆なのだが。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ