☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/02/11
最終更新日:2012/02/11 00:19

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1 第12章 セクシーアイドル・花田もも子の作品を松山が受け持つ・狙った路線は「僕のペット」
先に花田もも子という女をセクシーアイドルとしてデビューさせる事が決まった。かなりアダルト寄りだがアダルトにあらず。非常に中途半端なモノである。

とにかく淳が、その作品を受け持つ事を拒否するため松山が受け持つ事になった。他の監督は手が回らなかった故に。監督とは責任を持たされる。素材となる女の活かしであり、女がわずかでも売れるという逸材になれるか否か。確かに女個人の魅力も重要だが、全てを束ねて総括する監督の責任は多大である。良い作品になるも駄作になるも、監督が背負う責務だった。

松山は責任を持たされる。花田もも子という女を活かせるか否か。魅力的な女として仕上げられるか否か。

花田もも子。身長は160cm、ぽっちゃり、バスト100cmのIカップ。問題はかなり普通っぽい女という事だ。比較で言えばブスである。これをどう料理するかだ。こういう類は、ことのほか淳が得意とする。これがAVなら淳は大喜びで受け持っただろうに。

松山が見る限り、セクシーアイドルという形を演じるための華が無かった。どうやって華を持たせるか、全ては監督の責任だ。
50
最初 前へ 47484950515253 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ