☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/02/11
最終更新日:2012/02/11 00:19

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1 第2章 ぷぅ子参上・バスト120・Lカップ・泣く子も黙るド迫力
 「いらっしゃい!」受付に立っていた男は、階段を下りてきた中年の男を見る。即座に分かった、こういう場所で遊びなれていないカモだと。良いお客さん、金持ちの次に良いお客さん。

 男は緊張している清を見ながら、今は一人しかフリーな女の子がいないと伝える。ただし、その一人が素晴らしいんですよという台詞を付け足して。

 「ほら、見てください」画面に表示されたぷぅ子という女の顔は、それは確かに並みの上というような、比較的良いのだろうと思うような。少なくとも化け物だとは思わなかった。

 「ほ、本当にLカップっておっぱいなんですか?」清は聞く。このぷぅ子という女の子が本当にLカップという爆乳なのかと。だから男は、きれいなおっぱいですよと笑顔。どのくらいかと言えば、ミロのビーナスに匹敵するとか何とか。

「うちに来るお客さんはぷぅ子の胸に甘えたら帰りたくないって泣き出すんですよ。みんな心が寂しいですねぇ」そう言ってから、どのコースにしましょうか? とメニューを出す。ぷぅ子のおっぱいにゆっくり甘えられるなんて滅多にない事、だから3時間コースがお勧めと指差す。値段は15万円だった。清は一応20万円を用意してきたが、それでも15万円は厳しい。

 「じゃ、うちは前払いですので」そう言われ清は15万円を財布から抜き出して差し出す。中年にして初めての強烈な出費だった。いつの世も性欲の処理は金が高い!
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ