☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/02/11
最終更新日:2012/02/11 00:19

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1 第7章 天才であるからこそ説明出来ないモノがある・教える事は不可能である
 さて帰るか。淳はカバンを持って帰ろうかと思った。ここで後輩の男の一人である松山研二に声をかけられた。淳と同じ監督になりたいと思っているらしく、淳を天才だと心酔して尊敬していた。

「淳さん、一緒に帰りましょうよ」などと可愛く言われるのは悪い気はしないのだが、松山はいつも自分とやる話がマンネリだ。

 ひとまず2人で居酒屋に。そうやって向き合う。いつも必ず出てくる話があった。松山はいつもそれをやる。自分が納得できると思う返事を淳がするまで続けるのだろう。ややうんざりしつつある。

 互いに銜えたタバコに火を付けると、早速来た。松山は淳に言いたい事を述べ始める。要するに、どうやったら淳さんのような感性が仕事で発揮できるかツボを教えて欲しいという内容。
28
最初 前へ 25262728293031 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ