☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1
成人向アフィリエイトOK
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/02/11
最終更新日:2012/02/11 00:19

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
☆ボインちゃんはAVギャル番外編(ぷぅ子の痛快疾走な生き様)1 第6章 巨乳・爆乳AVの天才監督である淳・セクシーアイドルのビデオには感性は動かず
 「俺が見る限り、花田もも子って子はすぐにAVに来る。その時は俺が描きますよ。だけどそれまでは俺の出番じゃない」

 社長はそれをワガママだと突っ込んだ。天才という評価と実力があっても、自惚れては何もならんぞと。しかし淳はこう返す。それは全然違いますと。何故なら自覚しているからですよと。自分の天才は、魂が動かない仕事では無能にまで落ちる。

 実のところ、その言葉は事実だった。淳の天才は魂が震えるモノにしか実力を発揮しない。発揮する時は神がかり的な実力を見せるが、それがダメな時は無能なレベルにまで落ちてしまう。要するに中間がなかった。天才か凡人か2つに1つ。

「社長、俺ほど自分をわきまえている人間はいませんよ。この仕事を引き受けると無能になるから俺は断っているんです」
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ