雪天使~お前に捧ぐカノン~
雪天使~お前に捧ぐカノン~
成人向アフィリエイトOK
発行者:妃宮 咲梗
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:青春・友情
シリーズ:【第一章】 ギャングウォリアー力闘編

公開開始日:2012/02/07
最終更新日:2013/11/28 09:44

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
雪天使~お前に捧ぐカノン~ 第7章 act,6:コンプレックス
翌朝目を覚ますと、カノンはまだ寝ていた。
 ふとカノンの眠るベッドの脇を見ると、もう仕上げに掛かっている作りかけの掛け布団が置いてあった。

 昨夜の夕食後ロードは、以前の売女の保護者の時以来の久方振りのご馳走に満足してか、至福のまどろみに誘われるかの如く先に眠りに落ちた。
 そしてシャルギエルは自ら作ったサングリアを飲み、それにミックスされたワインの酔いが手伝ってか、ロードの寝顔に促がされるように続いて睡魔に引き込まれたらしい。
 残されたカノンは恐らく推測するに、夜遅くまで布団作りに励んでいたのだろう。

 昨日の凍える寒さはどこへやら、打って変わって今朝は朝日が眩しい秋日和だ。
 ふと横を見るとロードがいない。
「やっぱお子ちゃまの朝は早ぇな……ってか今何時だ」
 小さく呟きつつ腕時計を見ると七時前だった。
 ひとまず一度家に帰るか。昨夜すっかり家に電話連絡し損ねたし。まぁ、いつも通り適当にシティーホテルで夜を明かしたとでも言って、誤魔化せばいい事だが。
 そんな事を思いながら、携帯電話を取り出して見ると圏外だった。
 どっちみち電波飛ばなかったか。さすがはスラム地区。
 デジタル設備が整っている筈も無い事など、普段から裕福三昧のシャルギエルは予想もしていなかった。もっとも、SCC館内は別だろうが。
 ふと見ると壁のフックに引っ掛けてある、自分のコートとマフラーに気付いた。
 ベッドから立ち上がりそのコートを取り上げると、小さく呟きながらコートをそっと寝ているカノンの上に被せてやった。
「マフラーもこいつも、ロードとお前にやるよ」
 すると寝床からくぐもった声が漏れた。
「……帰るのかい?」
「何だ。起こしちまったか。ま、ひとまずな」
 シャルギエルは言いながら、カノンのベッドに一旦腰を下ろす。
 カノンはウンと横になったまま伸びをすると、まだ若干まどろみ気味に言った。
58
最初 前へ 55565758596061 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ