雪天使~お前に捧ぐカノン~
雪天使~お前に捧ぐカノン~
成人向アフィリエイトOK
発行者:妃宮 咲梗
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:青春・友情
シリーズ:【第一章】 ギャングウォリアー力闘編

公開開始日:2012/02/07
最終更新日:2013/11/28 09:44

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
雪天使~お前に捧ぐカノン~ 第6章 act,5:スパーク ~Rとエリート~
「クックック……言うねぇグレアム。そんだけでか口叩いてどことも属せず、フリーでいやがるのはてめぇ一人だけだ。そのアウトサイダーのてめぇがまた次にこの町で、俺等とツラ合わせた時ァ何事もなくスルー出来ると思うなよ。こうして出会ったからにゃあもう他人じゃねぇ……。しっかり絡ませてもらうぜ、なぁフレンド! そのつもりでいな! そしてさっきも言ったが俺ァ威勢のいいガキは大好きだ……。覚えてろグレアム。必ず貴様のその人柄、手懐けて俺の配下に取り込んでやる……。今はひとまずお望み通り消えるがな。また出会ったら間違いなく縁だぜベイビー。その時が楽しみだフレンド。ゾクゾクして、おっ勃っちまいそうなぐらいになぁ!」
「気色が悪い。ホモかてめぇ。俺のストーカーは勘弁しろよ。俺はそんな趣味はねぇ」
 シャルギエルの言葉に、エリートの代わりに答えるRに更に彼は言い放つ。
「馬鹿かお前は。言葉のあやだ。つまり俺の獲物って訳だてめぇは。……獲物は極力新鮮な内がいい。愛してるぜグレアム」
「吐き気がする……目障りな猿が」
 雪の中、シャルギエルとRは互いの腹を探り合う様に暫し睨み合う。
 やがてフッと口端を大きく上げたRは、自分が嗜好した品物を分け入れたカゴを引っ掴みながら言った。
「じゃああばよカノン。こいつはありがたくもらってくぜ!」
「はい……」
 カノンは意気消沈気味に俯く。
「有り難うカノンちゃん。今夜は冷えるから風邪引かない様にね。バイ!」
 相変わらず優しい口調のエリートは、長く伸ばした金色の前髪を真ん中で掻き上げながら背を向けると、Rからカゴを受け取りながら立ち去った。
 ちゃっかり買い物商品の半分を一カゴ分持って行ったらしく、足元には引っ繰り返ったもう一つのカゴと、散らばった商品だけが乱雑に残されていた。
「……ふん。カノンが止めなきゃ、今頃黙らせている所だ。クソヤロー共」
 商店の件から引き続きこの様だ。シャルギエルのはらわたは煮え繰り返っていた。
「仕方ないんだ……。これが今の町の姿で……あの二人、数あるストリートチルドレンのグループの中でも、トップの大勢力グループを幾つもまとめていて……もう年齢から言うとあの二人、とっくにチルドレン卒業してストリートギャングに昇格しちまってんだけど、その更に数あるギャング達の、この町トップの地位に納まっているの」
51
最初 前へ 48495051525354 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ