雪天使~お前に捧ぐカノン~
雪天使~お前に捧ぐカノン~
成人向アフィリエイトOK
発行者:妃宮 咲梗
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:青春・友情
シリーズ:【第一章】 ギャングウォリアー力闘編

公開開始日:2012/02/07
最終更新日:2013/11/28 09:44

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
雪天使~お前に捧ぐカノン~ 第6章 act,5:スパーク ~Rとエリート~
「何だよこのガキ、てめぇのお友達かよ」
「……ロードが怪我した所を見付けて、親切にしてくれた人よ」
 動揺しながらもカノンは、何とかこの場をやり過ごす事を強く念じる。
 Rの狂気じみた威圧的な態度は、返って冷静なシャルギエルにとっては畏怖よりも醜悪にしか見えず、その様子を蔑視せざるを得ずにいた。
 そんな彼の冷静沈着な状況をまるで把握せぬまま、Rは相変わらずその態度を維持しながら今度は上半身を前のめりに倒して、シャルギエルを舐める様に見上げて奇声を発する。
「ほお~ぅ! じゃあカノンにとってもこの町にとっても、新顔ってこったな!」
「新顔以前にただの通りすがりだ。住民になる予定はない」
 シャルギエルは両手に持っていたカゴを地に下ろすと、少し固まった手元をほぐす。
「まぁそうつれねぇ事言うなよBoy! 折角の縁じゃねぇかよ! 仲良くしようや!」
 Rはのらりと上半身を起こすと、握手を求めて片手を差し出す。しかしその手を無言で一瞥するシャルギエル。
「そうだね。良かったらその大荷物、僕等も一緒に運ぶの手伝おうか?」
 Rの少し後ろに笑顔で立っていたエリートが、優しく声を掛けてくる。
「その必要はねぇ。暇潰しのからかいなら俺に関わるな。行くぞカノン」
 エリートの親切を彼は冷たく一蹴する。何だかんだで結局このRとつるんでいるエリートにも裏があるとシャルギエルは踏んだのだ。
「おいおいすっかり彼氏気取りかよ!? そのメスガキ、誰のか分かってんのか!? なぁカノンよぉ!?」
「あ……その……」
 どう答えるべきか戸惑いながら、思わず助言を求める様にシャルギエルに怯えた目を向けた。それを少し誤解した彼は、寂然とした雰囲気で静かに口にした。
「……何だ。あいつお前の男か……」
「ちっ! 違うよ馬鹿!!」
48
最初 前へ 45464748495051 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ