雪天使~お前に捧ぐカノン~
雪天使~お前に捧ぐカノン~
成人向アフィリエイトOK
発行者:妃宮 咲梗
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:青春・友情
シリーズ:【第一章】 ギャングウォリアー力闘編

公開開始日:2012/02/07
最終更新日:2013/11/28 09:44

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
雪天使~お前に捧ぐカノン~ 第19章 act,18:パシフィックタイム
「いやまさかオイラの側でそんな光景見せ付けられるとは思わなかったからよ。つい、な……。ふふ……男と女……例えまだガキでも不潔だなんて野暮な事は言いやしねぇ……。カノン姉ちゃんを幸せに、幸せにしてやってくれよ…。不幸にしたらその口に手ぇ突っ込んでのどチンコ引っ張り出して、てめぇのモノをもう一つ歪(いびつ)に増やしてやっからそう思え……。じゃあオイラは整備士見習いに行ってくらぁ。 念には念に忠告しておくが責任持てる年になるまで生でせずにくれぐれもコンドーム必然だからな! じゃあゆっくりと休みな!」
 ロードは最後に語気を強めると、その場を振り切るように外へと走り出て行った……。だが生憎シャルギエルはほとんどロードの言葉を聞かぬまま、二度寝に陥っていた。
 しかし寝たふりをして聞いていたカノンは、シャルギエルの胸元に顔を埋めたままクスクス静かに忍び笑うのだった。で、シャルギエル本人はというと、未だにカノンと一緒に寝ている事に気付いてもいない。


 ん……少し冷えるな……寒い……さすが風穴の開いた家では掛け布団だけでは追いつかん……あれ……? あ、あったけぇ……これヌクヌクして心地いい……これ暖まる……。シャルギエルは夢現で左腕に触れる温もりに身を委ねるべく、引き寄せて身を埋める。そして少ししてから思った。
 あ……これロードか……。ロード男じゃねぇか。いくらガキとはいえ野郎同士で抱き合って寝たら男として終わりだろう……。そう思い直してその温もりから離れると、掛け布団を引き寄せてくるまる。
「……」
 やっぱ布団だけじゃさむ……。
「……」 アレ……? ってか前にロードと話したような……あいつ先に起きたんじゃなかったか……?
「……さむ」
 と言う呟きに、シャルギエルは構わず思う。そりゃそうだろうよ。俺が布団全部取り上げて……あげ……て……。……――え? 今の声……?
 ぱちりと目を開けるシャルギエル。と、目前には長い睫毛に色白のプックリと愛らしい口唇と、幼さの残る少女の寝顔……――。
 ガバリと飛び起きるシャルギエル。そして自分だけが包まっていた布団に気付き、それを大慌てで相手に投げ掛ける。頭は目覚め早々パニックだ。
199
最初 前へ 196197198199200201202 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ