雪天使~お前に捧ぐカノン~
雪天使~お前に捧ぐカノン~
成人向アフィリエイトOK
発行者:妃宮 咲梗
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:青春・友情
シリーズ:【第一章】 ギャングウォリアー力闘編

公開開始日:2012/02/07
最終更新日:2013/11/28 09:44

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
雪天使~お前に捧ぐカノン~ 第19章 act,18:パシフィックタイム
「このおくてウソッパチ野郎…ぬぅわぁにがキスはまだだ。このブリッコ野郎が……。しっかり短期間で一つのベッドで一緒に寝るところまでイってんじゃねぇかこの盗っ人野郎…これでまだ童貞なんてぬかしたらその役立たずのゴールデンボール叩き落して粉々に砕いてやっからなぁ……。何だかんだで付き合い始めたら進むのが早ぇときてやがる、このクソ箱入りボンクラが……。この義弟のオイラの前でしっかりいけしゃあしゃあと見せつけやがって……。この新鮮なオイラのシスコンハート……ファーストインパクトを受けた、初めての十歳の冬だぜ…」
 翌朝七時過ぎ頃に目を覚ましたロードは、初っ端(しょっぱな)からノックアウトを喰らわせられたシャルギエルとカノンの二人仲良く眠る姿を目の当たりにして、顔を引き攣らせながらぼやいた。
 まぁ勿論まだキス止まりの二人ではあるが、義姉想いのロードはカノンの乙女を汚された気がして若干幼心にショックを覚えずにはいられなかったのだ。なのでどうせ一緒に寝るまでの仲であるからには、いっそ肉体関係の仲である覚悟を受け止めていなければこれで“実はまだチェリーとバージン同士です♪”なんておめでたい事ぬかした暁には、シャルギエルの脳天に踵落としをかましてやりたくなるぐらい義弟としてこの紛らわしい行為に腹が立つ。なので、あえて半ば無理矢理そう考えるように心掛ける事にした。
「ふ……ふ……ふふふ………ふ…」
 声を震わせながら何とかこの陰鬱な状況を笑って受け止めようと努力するロード。その稀薄に儚げな、それでいて不気味さも含んだ笑い声に気付いて、シャルギエルが目を瞑ったまま口を開いた。
「……ん……何朝から笑ってんだロード……こっちは昨夜SCCの監視から戻ったのが二時過ぎでまだ眠いんだよ……。夢見が悪いのか知らんが朝から変な笑い方するのやめろ……」
 シャルギエルが眠たそうな声でぼやくのを、夢見じゃなく目覚めが悪いわ!! と言わんばかりにキッと睨み付けるとロードは静かに言い返した。
198
最初 前へ 195196197198199200201 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ