雪天使~お前に捧ぐカノン~
雪天使~お前に捧ぐカノン~
成人向アフィリエイトOK
発行者:妃宮 咲梗
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:青春・友情
シリーズ:【第一章】 ギャングウォリアー力闘編

公開開始日:2012/02/07
最終更新日:2013/11/28 09:44

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
雪天使~お前に捧ぐカノン~ 第3章 act,2:出会い
「ほらよ。まぁただの擦り傷程度だが、家に帰ったらきちんと手当てを……」 
「ロード!!!!」 
 最後まで言い終わらない内に、突然の大絶叫と共に突然物凄い勢いで横からシャルギエルは、何者かに突き飛ばされた。何が何やら分からぬまま転倒した姿勢のままで、シャルギエルは状況確認の為に、自分が元居た男児の前に顔を向けて唖然とする。
 そこには赤髪の巻き毛をセミロングに伸ばした小柄な少女が、男児の両肩に両手を置いて心配そうにあれやこれやと訊ねまくっている姿があった。
「ったく……バイクごと転ばされるは突き飛ばされるは……一体何なんだこれはよぉっ!!」
 シャルギエルはそうぼやきながら片足をついて立ち上がろうとすると、その少女はキッと物凄い形相で彼を睨みつけて地を蹴ったかと思うと、再びその勢いのままに思い切り突き飛ばして来たのだ。
 シャルギエルは物の見事にもんどり打って背中から地面に着地してしまった。彼は暫く仰け反りながら新たに受けた痛みをたっぷり味わうと、漸く片手をついて上半身を起こしながら肩越しから少女を睨みつけつつ怒鳴った。
「……っってえぇぇぇーーっっ!! こんのクソ女っ!! てめえ一体俺に何の恨みがあって……!!」
 ところが少女は顔を上げると同時に、彼の怒声を上回る大声で相手の言葉を掻き消すかの如く叫び自分の言葉を重ねながら、彼女はそんなシャルギエルの目前にズンズンと大股で歩み寄って来た。
「この子は金もなけりゃあヤクだって煙草だって何一つ持っちゃいないよ!! だから殺して逆さに振ったって何も出やしないんだから!! 分かったらもう二度とこの子に手を出さないで!!」
 そう金切り声でシャルギエルに怒鳴り付けてきたその少女は、彼の顔の前で仁王立ちすると物凄い形相で足元の彼を睨み倒す。
 余りの事に、シャルギエルは自分こそが犠牲者であるにも関わらず、思わずそんな彼女の迫力に押され後ろ手で地に両手を付き仰向けの体勢のまま、彼女を見上げながら答えずにはいられなかった。
「は、はい……」
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ