雪天使~お前に捧ぐカノン~
雪天使~お前に捧ぐカノン~
成人向アフィリエイトOK
発行者:妃宮 咲梗
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:青春・友情
シリーズ:【第一章】 ギャングウォリアー力闘編

公開開始日:2012/02/07
最終更新日:2013/11/28 09:44

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
雪天使~お前に捧ぐカノン~ 第14章 act,13:不機嫌な愛の我がままな形
「アハ! それもいいねぇ! あー、でも……さすがにそこまでは都合良すぎるか。しかも自分のねぐらで他人にキッチン弄らせる人だから、そんな手間の掛かる他人の面倒まではあのタイプは多分しないよ」
 ピタリとそれまでのスキップを止めると、カノンはその後緩慢に歩き出す。
「おやおや。しっかり思いやり見せちゃって。それともああいうタイプにお詳しいって事かよ?」
 するとカノンはくるりと彼を振り返り、シャルギエルの嫌味にも気付かずに笑いながら彼の肩をドンと押した。
「そんな訳ないに決まってるじゃないか! 何バカ言ってんだいシャルギエルったら! まぁ見てな。帰ったらあたいの語学力を説くと披露してあげるからさ! あたいの朗読を聴いてたらきっとあんたも心地良過ぎて気付かぬ内にオネムしちゃうかもよ! それこそ幼児のようにね♪」
 嬉々として人差し指を自分の顔の前でピンと立てると、カノンは再びスキップを開始して先へ先へと躍進して行く。そんな能天気さ丸出しの彼女のお気楽な姿を見送りながら、シャルギエルの不愉快さは頂点に達した。
「ケッ! いい気なもんだぜあのピーカン娘が。絶ってーあいつの朗読なんざで俺ァ寝やしねぇ! ぜってーだ! クソが!」
 先の方で鼻歌雑じりで至極愉快にクルクル回ったりして、愉楽に耽りながら家路を急ぐカノンを睨み付けてシャルギエルは、咽喉を押し潰したように低い声で唸った。
「そ~んなに悔しいんならさ、シャルギエルも何か本をプレゼントしたら? 世界の情報、知識提供大辞典とかでも喜ぶぜ。そんだけの書物となるとさすがにあの銀紫も持ってなかったみてぇだしさ。小説とか人生のアドバイス本ばかりだったじゃん」
 ロードが少し遠くで喜び舞っているカノンを見守りながら、シャルギエルの横でケロリと言う。するとシャルギエルがくわっと恐ろしい表情を向けて再度唸る。
「それじゃあまるで俺が銀紫と競ってるみてぇじゃねぇかよ! 俺ァあいつの俺に対する態度の違いにムカついてんだよ! 何だよ銀紫の前では本をネタにキャピキャピはしゃぎやがってよ! 所詮ガキじゃねぇか! ガキガキ! どぉ~こが女だボケが! ふん!!」
137
最初 前へ 134135136137138139140 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ